矯正歯科で歯並びを正しい位置に戻すのが大切

治療が必要な症状

歯型

乱杭歯・でこぼこ・八重歯

歯の生える場所が足りないと歯並びはでこぼこになったり、八重歯が生えてきたりします。歯並びが悪い状態のまま放置すると、見た目が悪いだけではなく、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。でこぼことした歯並びや八重歯は、小学生の時期から目立つようになりますが、なるべく早い段階で治療をするようにしましょう。

空隙歯列(すきっ歯)

でこぼことした歯並びとは逆に、通常よりも隙間が余っている歯並びも良くないです。歯の本数が少ない、噛み合わせが原因となっている場合が多いです。成長期に合わせて舌の癖や爪噛み、指しゃぶりといったことが原因となって隙間ができてしまいます。生まれつき、生まれてきた歯が小さいことも原因の1つになります。

上顎前突(出っ歯)

正常の噛み合わせよりも、上の前歯が前方に噛んでいると出っ歯になりやすくなります。横から見た時に口元が突出して見えると出っ歯に分類されます。横顔のラインが気になる人、歯を正常の位置に戻したい人は矯正治療を受けるようにしましょう。

噛み合わせが曲がっている

奥歯の噛み合わせがずれて、左右非対称になっていると顔が曲がったり、顎の関節に負担をかけたりします。特に注意してほしいのが、成長期に噛み合わせが曲がっている状態だと、骨格を歪める原因となってしまうため、早期の治療が必要になります。曲がりの症状によっては、手術を併用して治療を行なう場合もあります。

治療は早めに行なうようにする

ここまで矯正治療が必要となる症状について紹介してきました。歯並びは印象だけではなく、健康にも大きく影響するもので、症状によっては早期治療が必要となるケースもあります。歯並びが気になる人は、まずは名古屋駅の矯正歯科を受診してみましょう。