部分矯正のメリットや矯正器具について知る

メリットと矯正器具の種類

全体矯正ではなく、部分矯正をするメリットとは何なのでしょうか。ここでは部分矯正を行なって良かったこと、部分矯正で使用する矯正器具の種類について紹介していきます。器具によって治療期間や費用は異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。

部分矯正を受けて良かったこと

no.1

見た目が良くなり人前でも安心

部分矯正を受ける人の多くが実感していることでしょう。特に前歯の場合、笑った時に一番目立つ部分で、顔の印象を左右するところでもあります。歯並びが良くなることで、人前でも堂々と話せるようになります。

no.2

全体矯正に比べて安い費用で受けられる

部分矯正の場合、気になるところだけを治療できる分、全体矯正よりも安い費用で治療を受けることができます。患者さんの歯並びの状態によっては全体矯正が必要な場合もありますが、費用を抑えたい人は部分矯正から行なってみるのも良いでしょう。

no.3

全体矯正よりも痛みが少ない

特に、矯正治療を初めて受ける人の多くは、治療による痛みに不安を感じるかもしれません。今では痛みを最小限に抑えた治療も取り入れられていますが、口内の状態によっては治療中や、治療後に痛みを感じることもあります。しかし、部分矯正は一部分だけを治療するので、少ない痛みで治すことができます。

no.4

治療期間が短く負担が少ない

矯正治療は、時間をかけてゆっくりと歯並びを改善していきます。数年かけてやっと矯正器具が外せるといった人も少なくないです。部分矯正の場合、全体矯正よりも短期間で治療を完了させることができます。歯並びの状態や、使用する器具にもよりますが、数ヶ月で完治することも可能です。

no.5

気になるところだけを治療できる

治したいところだけを治せるのが部分矯正の特徴です。全部の歯に矯正器具を装着する必要がなく、気になるところだけを改善していくことができます。全体矯正よりも負担が少なく、ピンポイントで治療が行なえます。

負担の少ない矯正治療

医療器具

一般的なブラケット矯正

矯正治療の中でも多く行なわれているのがブラケット矯正です。歯の表面にブラケットを装着し、ワイヤーで少しずつ歯並びを治していきます。前歯の状態が悪い場合に有効な治療でもあります。使用する素材には金属製のメタルブラケットとセラミックブラケットがあり、セラミックにすることでより目立たなくなります。

矯正器具が見えない裏側矯正

初めて部分矯正をする人、矯正器具が見えるのを防ぎたい人に最適な矯正治療です。矯正治療を歯の裏側に装着するので、口を開けても矯正器具が見えることはありません。その分、他の治療よりも費用は高めですが、患者さんの負担を軽減できる矯正器具として人気の治療方法でもあります。

取り外しが可能なマウスピース矯正

透明で取り外しが可能な矯正器具になります。器具が目立たないといった面では裏側矯正と同じですが、自由に取り外しができるので、歯磨きをしたりマウスピースをケアしたりすることができるのが特徴です。また、金属アレルギーの人でも使える矯正器具で、審美的にはかなり優れているものでもあります。